ボルクレイの特徴

ホーム  >  ボルクレイの特徴

ボルクレイ防水材の特徴

環境に配慮した、ボルクレイ地下防水材(建築用防水材)
商品名ボルテックス(ボルクレイ・パネル)

ボルクレイ防水材

ボルテックス(ボルクレイ・パネル)、ボルクレイ地下防水材は、セトコ社(米国)によって開発させた地下防水材です。ベントナイトが水分に触れると膨潤してゲル状の防水層を形成し、半永久に効力を持続する事が可能な画期的な防水材です。
施工は釘打ちにて固定するため迅速で、現場の工期短縮などに大きく貢献できます。
地下工事における先付工法、後付工法共、あらゆる部位において対応が可能です。


ボルクレイ・パネルについて

設計図面に「ボルクレイ・パネル後付工法」などと記載されている場合がありますが、昨今では柔軟性に富み、その施工性の良い事などから後付工法には「ボルテックスDS」を使用しております。
後付工法用地下防水材「ボルクレイ・パネル」は現在販売しておりません。

ボルクレイ防水の特徴

防水性

5×10-9cm/sec程度の不透水層を形成いたします。

長期安定性

半永久的に安定した遮水性能が維持できます。

自己修復性

ベントナイトの膨潤作用により、釘穴などを速やかにシールいたします。

施工性

従来の溶着・接着という特殊技術を必要とせず、少人数で短時間に施工が行えます。

環境性

天然鉱物であるベントナイトは土と同様の成分であるため、水質汚染を起こす有害物質は一切溶出せず、環境に貢献致します。

ボルクレイ防水

ボルクレイ防水

ボルクレイ防水

ボルクレイ防水


株式会社ボルクレイ・ジャパン 総合代理店

天然素材の高性能遮水材ボルクレイ・マット(土木用防水材)

天然素材の高性能遮水材ボルクレイ・マット

ボルクレイ・マットは、粒状の高品質のワイオンミング産ナトリウム型ベントナイトを織布・不織布で挟み、互いをニードルパンチにより固定した"補強型"のGCL()です。
ビオトープ、ため池や廃棄物最終処理場などの遮水材や地下防水材として、世界中で広く利用されています。

GCL: Geosynthetic Clay Liner。粘土(ベントナイト)の難透水性を利用したシート、マット状の遮水材の総称。


ボルクレイマットの特徴

優れた遮水性

透水係数5×10-9cm/sec程度の遮水層を形成いたします。

半永久的な耐久性

ベントナイトは天然無機物であるため、長期にわたり安定した遮水性能を期待できます。
放射性廃棄物のバリア材としての利用も検討されています。

損傷に強い自己修復性

釘打ちによるピンホールなどもベントナイトが膨潤することで埋められ、漏水を防ぎます。

流失・偏在を防ぐニードルパンチ

ニードルパンチ繊維はベントナイトの流矢・偏在を防ぐばかりでなく、内部せん断応力を高めるため、急斜面での施工も可能です。

自然に優しい天然ベントナイト

天然鉱物であるベントナイトは土と同様の成分であるため、水質汚染を起こす有害物質は一切溶出せず、環境に貢献致します。

容易な施工性

柔軟性に富んだマットでロール状です。特殊な機械・器具を必要とせずに、15cm以上の重ね幅を取りながら敷きつめる単純な作業で施工でき、工期短縮に貢献します。

ボルクレイマット

ボルクレイマット

ボルクレイマット

ボルクレイマット


株式会社ボルクレイ・ジャパン 総合代理店