ボルテックスの自己修復について

ホーム  >  ボルテックスの自己修復について

ボルテックスの自己修復について

ボルテックスの自己修復について

ボルテックスの自己修復について

粒状ベントナイトの吸水・膨潤現象

注入後、ボルクレイ・マット中の粒状ベントナイトが徐々に水を吸水し、膨潤し粒径が大きくなり、隙間を埋める。

粒状ベントナイトの吸水・膨潤・ゲル化現象

さらなる吸水・膨潤が続くと粒状の形状からペースト状となり粘りのあるゲルとなり、隙間を完全に埋める。


※Φ25㎜厚さ6.4㎜の穴は、3.14cm³の体積です。
膨潤力試験結果より1gあたり約12~13cm³程度に膨潤しますので、Φ25㎜径の場合十分に修復することができます。

ボルテックスの膨潤力について

膨潤力とは

ベントナイトの吸水・膨潤能力を示す指標です。

膨潤力試験の方法

2gのベントナイトを水が入った100mlメスシリンダーに投入し、24時間後の膨潤体積をメスシリンダーの目盛で示します。

ボルテックス膨潤力

ボルクレイ・マットCLの膨潤力は25.3ml/2gです。
(平成25年度試験報告書より)
⇒これは、吸水しベントナイトの体積が乾燥状態から約12~13倍に膨潤していることを示しています。損傷個所があったとしても、自身の体積膨潤により空隙箇所を埋める事ができます。

1gあたり約12~13cm³の体積膨潤能力があります。

ボルテックスの膨潤力


ボルテックスの膨潤力